ネットワーク

ネイティブアドの分類

会議

ネイティブアド広告は何種類かの種類に分ける事ができます。
それぞれ異なる特性を持っています。
最も有名なタイプが「インフィード型」と呼ばれるタイプです。
インフィード型は媒体社の通常のコンテンツ内にあるタイプです。
インフィード型と一言で言っても、そこからさらに3つのタイプに分けることができます。それらはリンク先や指標の違いによって分けられていきます。
他にも「ペイドサーチ型」といものがあります。
ペイドサーチ型は簡単に表現すると、リスティング広告の事を表しています。
インターネットなどをする際に検索結果の画面上に現れるのがこのリスティング広告です。検索結果と同じようなフォーマットで広告が現れるため、これもネイティブアド広告として分類されます。
主に現れるメディアとしてはGoogleやYahoo!といったものなどです。
「レコメンドウィジェット型」というタイプは、今まで説明した広告方法と違い、これといったメディアはありません。レコメンド配信サービスといったものを使用し、広告として配信したい物をレコメンド欄のあるインターネットサイトに表示する方法をとります。

このようにネイティブアド広告は普通の広告と違い、より情報の中に広告を織り交ぜている事がわかります。
先に上げた種類にもまだいくつかの種類があり、それぞれが巧みな宣伝の仕組みを持っています。
これらのネイティブアド広告を利用し、より自身の商品の宣伝効果をあげて行きましょう。

Copyright(c) 2015 ビジネスを行なう上でより利益を上げる広告を作る. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com